アイテム紹介
item

靴のお手入れ

スムース素材

特徴

寒暖による硬さの変化がなく、防水性・耐水性に優れています。

お手入れ

軽い汚れは水または少し中性洗剤を混ぜた水溶液に浸した布で、軽く拭き取ってください。 一般のアルコールやベンジン類、その他の溶剤は使用しないでください。艶が変わったり、変色のおそれがあります。

保管方法

湿気、熱に弱いので風通しの良い日陰に保管して下さい。市販の除湿剤を使用し、乾燥状態を保つことが出来れば尚良好です。

起毛素材(スエード・ヌバックなど)

特徴

寒暖による硬さの変化がなく、防水性・通気性に優れています。多少の色落ちがあります。

お手入れ

軽い汚れの場合、市販のスエード用ブラシで軽くブラッシングして下さい。 ひどい汚れは水または少し中性洗剤を混ぜた水溶液に浸した布で、軽く拭き取ってください。

保管方法

湿気、熱に弱いので風通しの良い日陰に保管して下さい。市販の除湿剤を使用し、乾燥状態を保つことが出来れば尚良好です。

エナメル素材

特徴

寒暖による硬さの変化がなく、防水性に優れています。比較的キズが付きやすい特徴があります

お手入れ

お手入れ 軽い汚れは水または少し中性洗剤を混ぜた水溶液に浸した布で、軽く拭き取ってください。 一般のアルコールやベンジン類、その他の溶剤は使用しないでください。艶が変わったり、変色のおそれがあります。

保管方法

湿気、熱に弱いので風通しの良い日陰に保管して下さい。市販の除湿剤を使用し、乾燥状態を保つことが出来れば尚良好です。

撥水加工(完全防水ではない)

お手入れ

起毛素材(スエード・ヌバックなど)ゴム製またはナイロン製のスエードブラシで叩き出すようにブラッシングするだけで十分です。 ブラシでとれない汚れは、靴専用消しゴム等をご使用下さい。

濡れてしまったとき

お手入れ

乾いた布で水分を拭き取り、風通しの良い日陰で乾燥剤などを使用して乾かします。直射日光や強制乾燥剤などの熱は厳禁です。

靴の内側の汚れが気になるとき

お手入れ

靴の内側の親指のつけ根あたりや、 かかとの内側に黒いシミがついて気になるときは、 スエードやヌバック革の汚れ落とし用の消しゴムで 軽くこすりますと、気にならなくなります。

スムース素材

お手入れ

甲革、底革、ゴム底などにガムがつくとなかなかとれません。 紙などでおおよそとった後、クリーナー(スムース革の汚れ落としクリーム)を布につけて 軽くこすると、とれやすくなります。

ページ先頭